リアル年賀状プレゼント中間報告 -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

リアル年賀状プレゼント中間報告

【カテゴリ:管理人からのお知らせ】 | |
2005-12-03.jpg

仕事で静岡に来ています。珍スポットで前々から見たかった場所があるので、少し足を伸ばして見学してくるつもりです。後日レポートしますね。先月11月16日から始まっている「リアル年賀状プレゼント」の中間報告です。

プレゼント企画が始まって3週間。締め切りまで残すところあと1週間ほどとなりました。これまでのご応募メールは200通を越えました。去年、一昨年は300名以上だったので、今のところやや少なめ。競争率が低い今年はねらい目ですよ。

応募フォームにある「ご意見欄」にこんなおたよりを頂きました。

去年お母様が当選され、今年は娘さんが挑戦。以前コラムで上野の国立科学博物館の体験記を書いたのですが、そのレポートを読まれた娘さん、思い切って意中の男子を誘って科博デートをされたそうです。結果は言うまでもなく大成功。片思いに終止符を打つことができたという、喜びに溢れるコメントを送って頂きました。

もお、自分のことのように嬉しいですよ! おめでとうございます! 普段、珍スポットだ、オンナ道だと勝手なこと書いているのですが、そんな記事でも誰かのお役に立てるのは管理人として非常に嬉しいものなのです。

先日「星の王子さまプロジェクト」について書きましたが、作家のサンテグジュペリがこんなことを言ってます。
真の意味でぼくを豊かにしてくれたのは、ぼくが受け取ったものより、多くのものを与えた場合だけだったということを認めなければなりません。(『サン=テグジュペリの言葉』より)
サイトを始めてから本当にこの言葉を実感します。完全に趣味で管理しているサイトなので原稿料が入るわけでもなし、今回の年賀状プレゼントだって印刷代も年賀状代も自腹。「そんなことよりもお金になる仕事を一生懸命やれよ」と言われても仕方ありません。

でも更新を楽しみにして下さる方や感想を下さる方がいらっしゃると、元気が沸いてくるんですよ。サイト管理だけじゃなくて、実生活に対しても。それにこれほどいろんなことを学んだのは学生時代以来です。応募して下さった方からの励ましやコメントで、もう十分私はいろんなものを頂いています。

ひょっとすると来年あたりは、応募人数の方が少なくなって全員プレゼントになってしまうかしら。そうなったらまた何か面白そうな企画を考えようかな。【麻理】

今日のサイト


「Woolly Warmers 2005(ソニープラザ)」(リンク切れ)

クリスマスプレゼントにマフラーはどうだろうか。

初出:2005年 12月 3日

再掲載:2013年12月12日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。