人の振り見て我が振り直せ-私の失敗- -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

人の振り見て我が振り直せ-私の失敗-

【カテゴリ:管理人の思い出】 | |
私が管理している別のサイトにご意見をいただきました。そのサイトはある日本語について取り上げた言語系パロディサイトで、読者さんからのご意見を募っているページもあります。

その読者さんが、サイトに書いたある英単語についておっしゃっているのですが、「ちゃんと英語を勉強なさった方なら分かりますが」「付け焼刃の知識しかない」「英和辞典を参照してください」と辛口。

でも、実はその方の書かれていることは明らかに間違っていました。結構日本人が勘違いしやすい誤りです。

ちょっと前に一連の言語系コラムに書きましたが私は英語圏で暮らしたこともあり、大学では言語習得と自動翻訳について学んでいました。英語の資格も一通り持っていますし、もちろん上には上が五万といますが、まあ英語に関して全くの素人というわけではありません。

私の経歴はサイトに書いていませんし、サイトの作り自体がふざけたものなので仕方ないと言えば仕方ない。でも間違いは間違いなので、結局英英辞典を引用してその方の誤りを指摘して返信しました。

その後は音沙汰なし。ちょっと意地が悪かったかな……と思ったところで、かなり恥ずかしい過去を思い出しました。

ダンス関係のイベントでお会いしたある外国人男性。小柄な方で30歳ぐらいでしょうか。会場にポツンと一人で立っていました。話しかけたところ、スイス出身ですが幸い英語が堪能でした。なんでも大学で脳について勉強しているのだとか。

私と研究分野が似ていたため話が盛り上がりました。熱心なキリスト教徒だと聞いて「脳の中に神が存在することは日本人なら誰だって知っています。『神経』とは漢字で『神の通る道』と書くのですよ」と話したところ、彼はそりゃあ面白いとメモを取り始めました。

調子に乗った私は、頭フル回転で自分の持つ知識を披露し、彼はニコニコしながら相づちを打ってくれました。しかし、実は彼は脳について学ぶ学生ではなく、東京大学に客員教授として招かれた有名な学者だったのです。釈迦に説法。

この辺のエピソードは「幻想画廊」のコラムに書いたことがあるのですが、あれは恥ずかしかったなあ。夜中に思い出してうぎゃあとか言って頭抱えてのたうち回った上に窓から飛び出したくなります。

ネットを徘徊していて何度も気づかされます。年齢、性別、国籍、外見などで思いこみがあると痛い目に遭うものなんだなあと。【麻理】

今日のサイト


「TESSELLATION WORLD」(リンク切れ)

「Animation」をクリック。エッシャー的なアニメーションがたくさん。

初出:2005年 11月 30日

再掲載:2013年12月10日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。