目撃者になりたい(2) -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

目撃者になりたい(2)

【カテゴリ:管理人の頭の中】 | |
2005-09-29.jpg

掲示板にQTGさんから興味深いご意見をいただきました。ご友人がひき逃げの現場に居合わせたものの、動揺のために車が何色だったかも覚えていなかったのだとか。

事件・事故に遭ったとき「よく覚えている人」と「あまり覚えていない人」がいるのですが、それはなぜでしょう?

私が高校生から大学生の頃、どういうわけか事件・事故に遭遇してばかりという時期がありました。あんたは名探偵コナン君かって。一度は、交差点で居眠り運転の大型トラックが正面から突っ込んできて、私の乗っているクルマに体当たりしたことも。危うく死にかけました。

これまで2度、警察に目撃者・当事者として証言をしたことがあるのですが、どちらも詳細に刑事さんに話すことができました。ただ私が冷静だったかというと全くの逆。「恐怖のあまり」写真のようにその光景が目に焼き付いてしまったのです。

子どもの頃から体の弱い私の唯一の武器は「脳」。身体に頼ることよりも頭に頼る傾向があるので、恐怖を味わったとき、脳がフル回転してしまうんですよ。激しく動揺しているからこそきっちり記憶してしまう。そしてあまりに怖すぎて「大丈夫。私は大丈夫」と何度も頭の中で情景を反芻するので、べったりと脳に貼りついていつまでもとれないのです。

記憶は「記銘」→「保存」→「想起」の過程を経ます。記憶とは、生きるための技術なんですね。危ない目に遭ったときにすぐに忘れてしまったら、また同じことが起こるかもしれない。危険を回避するために記憶するのです。

しかし自分の心を衝撃から守るために「記銘」「保存」できても、「想起」できないということもあります。思い出すと精神が耐えられないからです。

だから「ショッキングな体験だからしっかり記憶している人」と、「ショッキングな体験だからこそ上手く思い出せない人」とに分かれるのではないでしょうか。

目撃者の性格や職業、記憶力などによっても違ってきます。全く思い出せなかったり、記憶違いをしていることもあるし、また逆に、目撃証言による犯人の似顔絵が逮捕の手がかりとなったというケースも。

例えば数年前のニュースで、事故を目撃した画家の描いた似顔絵が非常に良く似ていたために、犯人がすぐに捕まったということもありました。この場合は才能が役立ったんですね。

もう事件・事故はこりごり。目撃するなら幻の生物や怪奇現象、UFOや宇宙人にしてほしい。腕が生かせますからね。でもアブダクション(宇宙人による誘拐)は勘弁。【麻理】

今日のサイト


●身近にいた天才について教えて inオカ板●

私の妹、学生の頃から勉強してるの見たことない。なのにガリ勉してる私より成績良かったよ。
(´・ω・`)ショボーン

初出:2005年 9月 29日

再掲載:2013年11月05日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。