レーシック体験記(by つちやさん)(4) -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

レーシック体験記(by つちやさん)(4)

【カテゴリ:美容と健康のこと】 | |
DL198_L.jpg


9月9日(金)から、読者のつちやさんによる「レーシック体験記」を4回にわたり連載しています。今日はその最終回です。

=============================================

感想としては、やっぱり、リスクがあるので、無理に人には奨めていません。しかし、コンタクトレンズや眼鏡がいらない生活は、とても快適です。アイバンクに登録できなくなりますが。

手術を受けるなら、寒い時期の方が良いと思います。お風呂に入れないのは非常につらい。汗をかかない時期がいい。花粉症の時期は、避けたほうがいいかも。しかし、目薬のせいか、今年の花粉症は軽かったです。

視力が悪い人は、眼圧が高い人が多いみたいです。眼圧が高いので、眼球が前後に伸びてしまい(ラグビーボールの様)、像が網膜に正しいピントで合わなくなるそうです。眼球が、前後ではなく周りの方向に伸びると遠視になるみたいです。眼圧が高いと視神経を圧迫して、将来、視野が欠ける緑内障になる危険性があるそうです。

私も眼圧が高い方らしいのですが、丈夫な視神経をもっているみたいで、今のところ緑内障の心配はないみたいです。
しかし、眼圧が高いと、また、近視が進んでしまう可能性があるので、先生から、「近視治療が完全に終了したら、眼圧を下げる目薬を処方します。」と、言われました。

目の治療だけに、人それぞれ違うと思うので参考程度にしてください。手術をする場合、ネットで調べると成功談や失敗談、金額が高い病院や安い病院がたくさん出ているので、自分の判断で手術をする病院を選んでください。

それから、私が50万円かかったと言ったのは、10回近い診察と目薬代、交通費を含めたものです。それでは。また。

=============================================

一つ書き忘れましたが、レーシックは、角膜の厚さが十分にないと出来ません。視力がかなり悪いと、レーザーで削る量も多くなります。私は、先生に褒められるほど角膜が厚かったので大丈夫でした。

=============================================


以上、つちやさんからのレーシック体験記をお届けしました。実際に体験された方ならではの、詳しいレポート、つちやさん本当にありがとうございました。手術を考えている方にも大いに参考になったのではないでしょうか。

「手術の翌日朝起きると、感動するくらい良くみえます」という文章を読むと、やってみたいと思いますが、小心者の私はリアルな手術の描写にゾクゾクしたりもしています。ううう。迷うなあ。【麻理】

今日のサイト


子供はどういう人になつくの?なつかれる方法は?

「子ども一般」というくくりでなく、「子ども個人」によるけど、その子が大好きなものを自分も好きだと、話がはずむかな。

初出:2005年 9月 12日

再掲載:2013年10月31日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。