西表島レポート8-まとめと追記- -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

西表島レポート8-まとめと追記-

【カテゴリ:今日の出来事】 | |
2005-6-28-1.jpg

【子午線123°45'6,789"】ここは竹富町の「子午線ふれあい館」前。子午線がたまたま123456789と並ぶのがこのモニュメントの場所なんです。だからどうしたと言われてもそういうものなのです。

2005-6-28-2.jpg

【水中高速ロボット船うみえ〜る】いわゆる水中観光船(グラスボート)ですね。普通のグラスボートは下をのぞき込む形なんですが、これは壁の窓から水中の風景を見られる、ちょっと変わった観光船なのです。乗船料金は大人3000円、子ども2000円。約60分の所要時間。公式サイトはこちら。

2005-6-28-3.jpg

大原港から出発して、コーラルポイントまで進むと中央の客船キャビン部がエレベータのように下に沈みます。あたりをうろうろしてくれるので、様々な珊瑚や熱帯魚が見られますよ。

2005-6-28-4.jpg

これはキャビンからの光景。団体さんと一緒になったので満員状態です。水中はくっきりキレイに見えます。魚もスズメダイやツバメウオ、チョウチョウウオなどたくさんいるんですが、この写真では写っていませんね。残念。

2005-6-28-5.jpg

【クロスワード】旅行にはどんな本を持っていくのですかとご質問を頂きましたが、長期の旅行だと読み切ってしまうので今回はクロスワードパズルの雑誌を持参。飛行機内でも待ち時間でもどこでもペンを取り出して解いていました。クロスワードは最高の暇つぶしグッズですね。ちなみに泊まったホテルパイヌマヤリゾートには図書室もあるのであえて本を持っていく必要はないかも。

いろんなハプニングもありましたが、ラッキー続きで上手く切り抜けた旅行でした。西表島はどこもかなり空いていて、家族連れもほとんどいないので、カップルや新婚さん向きのリゾートですね。ただし旅行にブランドのショッピングやグルメを求めるタイプの方よりも、崖から海に飛び込んでみたり、一日中泳ぎ倒したり、クルマを乗り回したりするようなアクティブな方の方が楽しめるでしょう。

美しい海と大地と青空。また行きたいなあ。たくさん撮影した写真を整理しながらぼんやり思い出にひたるのでありました。一連のレポートを読んで下さってありがとうございました。また仕事とサイト更新がんばるぞー!【麻理】

今日のサイト


Flickr: "mermaidparade"

毎年6月の最終土曜日に行われる、初夏の風物詩。ニューヨーク・コニーアイランドのマーメイドパレード風景。この陽気なアホっぽさが好き。

初出:2005年 6月 28日

再掲載:2013年09月05日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。