西表島レポート4-山の遊び編- -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

西表島レポート4-山の遊び編-

【カテゴリ:今日の出来事】 | |
面積の90%が亜熱帯植物で覆われている西表島。どこを向いてもジャングルが広がっています。フォトショップでパノラマ写真を作ってみました。西表島の「海の遊び」と並ぶ大きな楽しみは「山の遊び」です。

2005-6-24-2.jpg

この写真は道路に面した休憩所の高台に登って撮影しました。こんな風にサンドイッチやおにぎりを持ってお昼ご飯を楽しめます。海にもマングローブが広がっています。マングローブは海水でさえ育つんですね。すごいなあ。

マングローブのすごいところはまだあります。マングローブの葉を見ると、緑の葉の中にちらほら黄色い葉があるんです。海水で育つと言ってもやはり塩は植物にとっては害。そこで一枚の葉にだけ塩分を集めて、他の葉を守っているのです。なので黄色い葉は紅葉しているのではなくて塩で焼けているのですね。

2005-6-24-4.jpg

これは天然記念物のサキシマスオウノキ。サキシマスオウノキは根を壁のように成長させてその根の間に葉を落とし、豊かな培養土を作ります。ついたてのような根はその豊かな土を囲い込むためのものだそうです。以前コラムにも書きましたが本当に植物は賢い!

2005-6-24-3.jpg

森の中に入って、耳をすますと鳥やカエル、虫たちの鳴き声がします。大きな白い蝶オオゴマダラや、黒い宝石のようなカラスアゲハがひらひらと舞っています。まさに動植物のパラダイス。

2005-6-24-5.jpg

ホテルが主催するトレッキングツアーにも参加しました。救命胴衣をつけて、マリンブーツを履いて準備OK。マングローブの生い茂る川をゴムボートで上流へ向かいます。ボートを下りてジャングルの中をさらに進むと、気分はまさに川口浩探検隊。そして彼ら隊員の見たものは! ジャングルの奥地に存在する滝壺であった! 冷たい川で泳いだり、岩場から飛び込んだり、ロープにつかまってターザンごっこなども。うっひょー。気持ちいいー!

2005-6-24-6.jpg

夜もナイトツアーに参加。真っ暗なジャングルを懐中電灯片手に探検。夜行性のカニやホタル、夜しか咲かない幻のサガリバナなど、昼とはまた違った顔が見られます。クルマで移動中、ツアー参加者から「あ、ヤマネコ!」の声。暗がりを四つ足の動物がさっと逃げて行ったとか。ぎゃー、見逃したー! 600回開催されたツアーでイリオモテヤマネコが見られたのはたった8回だとか。貴重なチャンスだったのに〜。

エコツーリズムはその土地の自然を体験して環境や生態を学ぶことができます。大切なのは自然におじゃまするという謙虚な気持ち。「エコツアーでとっていいのは写真だけ。残していいのは足跡だけ」なのです。【麻理】

今日のサイト


他人鑑定(自分よりも他の人を占います)

ある特定の人を、複数の人間で鑑定できるシステムだそうで。自分よりも他人を占う変わった占い。

初出:2005年 6月 24日

再掲載:2013年09月01日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。