西表島レポート2-パイヌマヤリゾート編- -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

西表島レポート2-パイヌマヤリゾート編-

【カテゴリ:今日の出来事】 | |
2005-6-22-1.jpg

翌日は朝一番の8時発、那覇→石垣の便。ところがまた大雨・洪水警報発令ですよ。がびーん。機内にはなんとか乗れたのですが、雷雨のために機内で天候の回復を待つはめに。

そうしたらですね、その後に出発する便は全部欠航になってしまったのですよ。那覇の出発が遅れた人、昨日の欠航で宮古島に閉じこめられてた人はその日もまた石垣島までたどりつけなかったわけです。またしても危機一髪でした。ふひー、冷や汗もんですよ。ラッキーだったなあ。

2005-6-22-2.jpg

すぐに港に向かって11時発の西表島行きの高速船に乗り込みました。しかしまだ悪天候は続いています。雷雨の中、船が揺れる揺れる。ほら、ジェットコースターに乗ると、魂が持ってかれるようなぞーっとする感じがするじゃないですか。あれが40分間。40分間ジェットコースター乗りっぱなし状態ですよ。上陸した時は疲労困憊。ぐったり。

2005-6-22-3.jpg

レンタカーで向かったのは「ネイチャーホテル・パイヌマヤリゾート」。日本最南端の温泉があるリゾートホテルです。ジャングルに囲まれていてひっそりとした雰囲気。ひっそりとしているのは大雨が降っているからかもしれませんが。

2005-6-22-4.jpg

パイヌマヤリゾートは環境にやさしいシャンプーやソープを使ったり、自然に触れあうエコツアーを開催したり、医食同源で健康に配慮した食事を用意したりと、自然との共存を考えているホテルです。温泉やホテルの建物も自然にとけ込むようにコンクリート打ち放しや木材をそのまま使った建築になっています。

2005-6-22-5.jpg

ここの売りはなんと言っても温泉。屋外には水着で入れる露天風呂と大きなプールがあります。ジャングルを背景に、カエルや鳥の声を聞きながら入れるワイルドオアシスですよ。画像は晴れた日に撮ったものですが、この日はどしゃぶり。でも根性で入りましたよ。

2005-6-22-6.jpg

さすがに誰も入ってないよ。温泉もプールも泳ぎ放題。うっひょー! 貸切だー! ざーざー雨が降る中、ざくざく泳ぐのもまた一興。屋外の温泉やプールでは水着着用で、男女混浴です。恋人同士や新婚さんだとラブな雰囲気でさらに楽しいんじゃないかなあ。他のお客さんもカップルばっかりで家族連れは見かけませんでした。ちなみに内風呂(こちらは裸で男女別)もしっかりした作りで、露天風呂もあります。

明日は晴れますようにとまた神に祈るのでした。【麻理】

今日のサイト


「夏詰」(リンク切れ)

夏のすがすがしいイメージたっぷり。上手いなあ!

初出:2005年 6月 22日

再掲載:2013年08月30日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。