西表島レポート1-出発編- -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

西表島レポート1-出発編-

【カテゴリ:今日の出来事】 | |
2005-11-07-01.jpg

行ってきました。沖縄は西表島! 最近体調も今ひとつだったので思い切って1週間お休みしてバカンスですよ。青い空、白い砂浜、熱帯魚とイリオモテヤマネコが私を呼んでいるのであります。私、友達いないんで妹と家族旅行ですが。

沖縄地方は大雨・洪水警報発令。いきなり暗雲立ちこめてます。中部新国際空港・セントレアからANA11時40分発の石垣島直行便。石垣島から船に乗って、夕方には石垣島へ到着予定でした。

しかし石垣島空港は滑走路が短く、普通は副操縦士にも許可されている離着陸の操作が、機長しか許されていないのです。悪天候ではなおのこと着陸が難しいんですね。1時間以上石垣島上空でぐるぐる回って、結局着陸できず。仕方なく宮古島の空港まで引き返して着陸。

しずしずと客室乗務員が登場しまして「当機は欠航扱いとなります。大変申し訳ありませんが、お客様にはこの宮古島でお降りになるか、セントレアまで引き返すかどちらかお決めになられますようお願い申し上げます」。機内、プチパニック。

ちょっと、どーすんのよ。ショック大。仕方ないんで、私たちもほとんどの乗客も宮古島で降りました。宮古空港で何気なく手に取った飛行機の時刻表をぱらぱらめくっていると、以下の3点に気づきました。

(1)宮古島から石垣島へ向かう便は1日2.3便しかない。
(2)那覇空港から石垣空港への便は宮古空港からの便よりも多い。早朝の便もある。
(3)宿泊先は用意してくれるらしいが、宮古空港の周りには何もない。

ぎゃー。何が何でも那覇へ行かないと、今晩も明日も無駄に過ごすことになっちゃうわよ! 後ろの家族で来ている団体さんは「『プリンプリン物語』のルチ将軍がいかなる人物であるか」を熱心に語っていたんですが、そんなこと話し合ってる場合じゃないでしょーが。私たち2人はチケットカウンターへ全速力ダッシュ。

那覇行きの便は16時50分発で、あと10分で離陸だったんですが、これを逃すと次の便まで3時間も待たねばなりません。ANAのお姉さんは「荷物がまだ機内に残っておりまして、50分の便には間に合わないのですが……」と渋っていたのですが、「荷物は後でいいんで、人間だけ乗せてください!」とがっつり主張してなんとか飛行機に飛び乗りました。

無事、那覇についてANAから宿泊と夕食のクーポンをゲット。係員によると宮古島に残っていた乗客がかなりもめているとのこと。結局一足先に那覇についたのは私たちだけだったのでした。

2005-11-07-02.jpg

用意してもらったホテルは全日空のハーバービューホテル。ミールクーポンで5000円相当の中華ディナーも堪能。しかも今日の分の宿泊費が返ってくるのでまるまるタダ! わお♪ アロママッサージエステ60分コースまで頼んじゃいました。かえってラッキーだったかも。

後で空港に荷物を取りに行くと、那覇行きの次の飛行機はさらに2時間遅れでした。危なかったー。次の便にしていたら夕食も食べられず、宮古空港でぐったりうなだれているところでした。時刻表を読んで良かった。げにあらまほしきは情報なり。幸先悪かったようで良かったのでした。【麻理】

今日のサイト


「Ministry Messiah」(リンク切れ)

ちょっと不気味なところもあるけど惹き付けられるムービー。救世主。

初出:2005年 6月 21日

再掲載:2013年08月29日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。