目を良くしたい! レーシックと深視力2 -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

目を良くしたい! レーシックと深視力2

【カテゴリ:美容と健康のこと】 | |
2005-8-23.jpg

おお! ありがたいことにレーシック手術を受けたお二人の方から、体験談をいただきました。

お二人とも両眼0.1以下の視力から1.0以上に回復。トレビヤン。手術自体も短時間(15分〜20分)程度、痛みもないそうです。なるほど。ためになります。

一方で「そこまでしなくてもいいのでは」というご意見やこんなページを教えて下さった方も。確かに手術なのですから100%リスクなしってわけにはいかないですよね。そして費用も20万円以上とかなり高額。悩むところです。

これまでは水泳や筋トレ、ダンスなどあまり視力が重要でないスポーツばかりしてきたので、特に不自由は感じなかったのです。

競技ダンスはフロアクラフトと言って、他のダンサーとの接触を避けるためのテクニックが必要なんですが、みんなそんなに高速で動くわけではないし、リードは男子がするので遠近感がなくてもなんとかなっていたわけで。

生まれつきの遠近感のなさは、成人してからメガネ・コンタクト・手術などで矯正・治療しても回復しないとのことでかなりブルーに。レーシックを受けてもどっちみち球技は苦手なままなのかもしれません。

それでも人の何倍も努力と訓練を重ねれば、人並みに球技を楽しめるようになるのかなあとも思います。例えば高速道路をクルマで移動するとき、夜はクルマのライトがのっぺりと平面的に見えるので危険なんですが、昼間は車体や道路の大きさの違いによって距離を計算できます。スピードを出しすぎずに丁寧な運転を心がければ大丈夫。

肉体的ハンデである程度制限があるのは仕方ないにしても、必死で訓練すれば上達することもあるでしょう。

ところで「メガネっ娘萌え」なんて言いますが、私はメガネでモテたことなんて一度もないんですよ。メガネかけてようが、かけてなかろうがダサい女子はダサイ。モテない人はモテないんじゃい!……と思ってたんですが、ある知人男子に会ってからはその考えを撤回しました。

メガネかけた姿はどーみてもオタク。言っちゃ悪いですがいかにもモテなさそう。ところがメガネを取るとまつげバチバチ、くっきり二重の潤んだ瞳。ええええ! こんな美青年だったの!? と呆然としてしまう変身ぶり。

「大学でコンタクトに替えたとき、クラスメートは誰も気づかなかった」そうで。昔、メガネを取ったら実は美少女てな少女マンガがありましたが、実際こういう人もいるのね。あ、私はどっちも変わらないです。ちぇ。【麻理】

今日のサイト


イギリスで韓国車特集。 - 敬天愛人 - 楽天ブログ(Blog)

イギリス人独特の毒舌だが、納得するところもあり。多分「志が低い」クルマであることが原因。私は質実剛健なドイツ車が好きだ。

初出:2005年 8月 23日

再掲載:2013年10月21日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。