サイトばれ、危機一髪! -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

サイトばれ、危機一髪!

【カテゴリ:管理人からのお知らせ】 | |
2005-4-26.jpg

ただいまー。月曜日に東京から帰ってきました。大学時代に所属していたサークルの後輩(女子)の結婚式と出張のために上京してたんです。

20歳年上ということで驚いたのですが、優しそうで素敵な新郎さんでした。超玉の輿に乗った彼女、やるなあ。幸せになるのよ〜☆

久しぶりに学生時代の友人に会い、近況報告をしたり昔の話をしたりで盛り上がりました。しかし! ドキーッとする一件があったのですよ。パーティー会場で、同学年だったH君が私の顔を見て首をひねって言いました。

「ねえ、ねえ、雑誌に出てたことあるよね?」

私はいくつかサイトを持ってるんですが、そのうちの1サイトは1年ほど前に『ぴあ』で取材を受けているんです。顔写真つきで。そんなにしょっちゅう取材受けてるわけじゃないんですよ。写真つきなんてそれだけだし。

私は管理している全てのサイトを妹以外誰にも知らせていません。やっぱり知人にサイトばれしていると、筆が鈍って書きたいこと書けなくなってしまうじゃないですか。リアルで知ってる人がいるとサイトでかっこつけてしまうというか……。

「全然モテなくて悲惨でしたよー。あっはっはー」なんてとても書けない。「幻想画廊」の写真を即削除したくなる。ましてやH君は学生時代ステキだなあって思ってた人だし……。

その場は笑ってごまかしたんですが……なんとかなったよね? H君見てないよね? H君、万が一私だと分かっても他の人には黙ってるように。

それとH君情報で、ある巨大サイトの管理人が(この日は出席していなかったけど)同サークルのメンバだということが発覚。うっそー、私よく出入りしていたサイトだわよ! しかも彼はサイト管理で大変な騒動に巻き込まれていてリアルでかなり悲惨な目に遭っているのです。明日は我が身と背筋が凍るような思いをしました。

それにしても世間は狭いなあ。ネットの世界は匿名だからって悪いことできないですね。別にしないですが。案外メールだけでやりとりしているサイト管理人さんも、リアル社会での知り合いなのに本人と知らずにいるということもあり得るわけで。

以前「人類60億人6人繋がれば他の誰とでも人の輪が出来ている」という記事を紹介しましたが、ものすごーく実感した一件でした。

今日のサイト


Stepping Feet Illusion

青と黄色のブロックは同じ速度で動いているはずなのに……。あれあれ?

初出:2005年 4月 26日

再掲載:2013年07月24日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。