歴史ビジネス書と居酒屋論争-男性のごっこ遊び- -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

歴史ビジネス書と居酒屋論争-男性のごっこ遊び-

【カテゴリ:管理人の頭の中】 | |
2005-2-26.jpg

本は好き嫌い無く読んでいるつもりですが、結構売れているのにあまり食指の動かないジャンルがあるんです。それが「歴史ビジネス書」。

『徳川家康に学ぶ会社管理術』『豊臣秀吉流・経営学』みたいな本です。

歴史の人物から学ぶことは大いに結構。でも数百年前の人、それも天下を治めるような人物は現代人と価値観も全く違うからビジネスに役に立つのかなあ。

この話を以前年上の知人(男子)にした時、彼は興味深い話をしてくれました。

「あれなあ、『ごっこ』やねん」
「『ごっこ』ですか?」
「よく居酒屋で『社長のやり方はなってない』とか『小泉は政治が分かってない』とか酔っぱらって演説ぶってるサラリーマンとかおるやろ」
「いますねえ。同僚の会社員とカンカンガクガクの議論してたりね」
「だいたいな、実際会社動かしてるお偉いさんや政治家はそんなとこでクダまいてる暇ないで。安っすい居酒屋でしか会社経営や政治に熱弁ふるえん人間はぺーぺーの平社員や一般ピープルや」
「まあ、現実はそうでしょうねえ」
「ああいうサラリーマンは『経済界の大物ごっこ』や『政治の重鎮ごっこ』しとるんや。頭ん中は重役会議や国会議事堂。時には歴史上の大人物になりきっとる。大演説ぶって気分良うなっとるんや」
「なるほどね。確かに彼らは生き生きしてますよね」
「子どもがよく『ボク、アカレンジャー』『ボク、ウルトラマン』てヒーローごっこしとるやろ」
「古! 今は『魔法戦隊マジレンジャー』ですよ」
「そんな細かいことはええ。そういう子に『おまえなあ、世界を救っとる気になっとるけどただの小学生やろが』言うのは酷や」
「女子は熱弁男子をわりと冷ややかに見てるんですけどね」
「男はいつまでたっても成長せんところあるからな。心はいつまでも少年なんや」
「はあ……少年ねえ。野球やサッカーで『なっとらん』って文句つけてるオジサンも同じですかね」
「そや。フツーのおっさんでも自分は国を憂える近藤勇。ぺらぺらの背広着とっても、心の中では浅黄色の羽織や。まあ、暖かい目で見たって」

政治経済について深く考えることは有意義だと思いますが、「歴史ビジネス書」や居酒屋論争、ネットの経済評論ブログはどうも見てる方が気恥ずかしい。

それは「天下国家を論じちゃったりしてるオレ」に酔ってる男子の姿を女子は冷めた目で見ちゃうから。

でも「ごっこ」なら「じゃあまずあなたがトップに立って国を変えたら?」というツッコミは野暮ですな。【麻理】

今日のサイト


ときわたけしの@幻獣標本箱

鼻行類だ! 鼻行類だ!

鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー)鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー)
ハラルト シュテュンプケ Harard Stumpke

平凡社 1999-05
売り上げランキング : 93428

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

再掲載:2013年06月18日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。