男子がモテるためには(1)-いきなり告白は厳禁- -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

男子がモテるためには(1)-いきなり告白は厳禁-

【カテゴリ:管理人の頭の中】 | |


まず男子が自覚しなくてはいけないのは「女子にとって得体の知れない男子は怖い」ということです。

深夜に道を歩いていて後ろから聞こえる足音、満員電車での顔の見えない痴漢。これらは男子が想像するよりもはるかに怖くおぞましいのです。

「自意識過剰だ、声を出して助けを求めればいいじゃないか」という人は女子の心理が全く分かっていません。男子にとって女子は脅威ではないからそんな悠長なことを言ってられるのです。

男子が最もやってはいけない告白は、一度も口をきいたことのない女子に「ずっとあなたのこと見てました。好きです」といきなり宣言すること。高価なプレゼントなんか渡そうとしたら速攻でフラれます。

それに対して女子が思うのは「ずっと前から私のこと隠れて見てたなんて怖い。こんな高そうなもの受け取ったら何されるかわからない」です。下手すると女子友達の間で「気持ち悪い人」と噂されかねません。

これと全く正反対のアプローチが吉。つまり最初は挨拶や天候の話、しだいに趣味のことなど少しずつ自分の情報を伝えるのです。「僕は全く怖い人間ではありません。普通の善良な人間です」ということを相手に分かってもらうことが先決。

おそらく複数の女子からモテる男子はこのことを感覚的に分かっています。彼らは分けへだてなく周りの女子に気軽に声をかけ、褒め、冗談を言います。自然に自分の人となりが複数の女子に伝わるので、女子コミュニティでも評判が良くなり、相乗効果で女子は安心感を覚えます。

「軽い男」と見られるかもしれない諸刃の剣ですが、「ターゲットをしぼりすぎ→唐突な告白→玉砕」よりはかなり有効な手だと思いますよ。

「生理的に受け付けない」と思われている場合には成功の可能性は低いです。でも少なくとも徹底的に嫌われるという事態は回避できるでしょう。

ポイントは「他の女子にも優しく」。周りが「結構あの人いい人だよ」と言えば「そうかも」と思えてくるものなのです。大丈夫、名誉挽回のチャンスはあります。

さてバレンタイン。私は複数の男子から好かれたいなんてことは毛頭考えておりません。私が好きな男子から「好きだ」と言われたら、もうそれで十分。ハッピーバレンタイン!【麻理】

今日のサイト


「中国四千年?中国茶ラブ占い」(リンク切れ)

男性を中国茶に、女性を中国茶器にみたてて作られた占い。ちょっとエッチです。

初出:2005年 2月 14日

再掲載:2013年06月07日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。