偽善だっていいじゃない-ボランティアのススメ- -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

偽善だっていいじゃない-ボランティアのススメ-

【カテゴリ:管理人の頭の中】 | |
2005-1-21.jpg

久々にアフィリエイトの集計ページを見てみましたら、ここ3日ぐらいの収益が激減。やっぱりぜんそくや病気など暗いこと書いてるから読者さんが離れていってしまったのかなあとしょんぼり。

しかし原因は幻想画廊のトップページの広告が、寄付や慈善事業の公共広告に変わっていたからだったんですね。今日は寄付・慈善事業について。

インド洋地震・津波の被災国に全世界から寄付金や救援物資が届いていますね。ビル・ゲイツは約3億円を支援金として提供、ハリウッドスターも続々と寄付をしています。はあ、すごい。ケタが違う。

アメリカ人による寄付のニュースをよく聞きますね。もちろん彼らが助け合いに対して熱心というのもあるのですが、税金の面でも優遇されているからなんです。

米国のNPOは「501C3団体」と呼ばれていて、これは内国歳入法の第501条C3項に規定された、税制上の優遇措置を受けている団体のことです。その数70万。501C3団体の収益は原則として非課税です。これらの団体へ寄付した個人や企業も税金控除の対象になります。

日本でも2001年10月よりNPO法人への寄付に対する控除制度が認められましたが、認定の条件がとても厳しく、日本の1万数千(少なっ)のNPO法人のうちパスしているのは2004年でたったの数十団体しかないそうです。これじゃあねえ。

また日本ではなぜかボランティアを叫ぶと「偽善者」と陰口を言う人が多い気がします。以前クリック募金について少し書いたことがあるのですが、1通だけですが「こういうのは偽善では」というご意見をいただきました。

構いません。言われるたびに寄付金額が1円ずつ減っていくというのなら困りますが、偽善者と言われるだけならワタクシは痛くも痒くもございませんことよ。

サイトやブログを持ってるみなさんはそんなことを怖がらずにじゃんじゃん「寄付しようよ」って書きましょうよ。ほんの少しでも寄付する人が増えたら記事は十分役立ったんですから。もちろんくれぐれもボランティアを装った詐欺には気をつけてくださいね。

税金が全く必要のない道路掘り返し資金や、名前も知らない官僚の巨額の退職金に使われるぐらいなら、困ってる人に寄付した方がなんぼかマシです。大金持ちが税金分を寄付して建設した学校や橋に、自分の名前ぐらいつけたって構わないと思います。

「自分は誰かのお役に立てた」という実感があれば寄付のしがいもあるというもの。売名行為とか偽善とか言う人は言わせときゃいいんです。【麻理】

近況


クスリを変えてもらったのでかなり楽になりました。処方薬局でもらったクスリの成分表を見ると「クスリの副作用」の欄に「発熱・咳・呼吸困難・むくみ・蕁麻疹・腹痛・激しい下痢・手足のふるえ、貧血などの症状が出ることがあります」……全部まるごと出ました。あー、びっくりした。

今日のサイト


プラン・ジャパンのボランティア・寄付で途上国の子どもに支援を。

私はコロンビアに住むIrisちゃんという女の子のフォスター・ペアレントをやっています。カワイイ子ですよ。興味のある方はぜひ。

初出:2005年 1月 21日

再掲載:2013年05月21日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。