日本の男子は見る目ないですよ -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

日本の男子は見る目ないですよ

【カテゴリ:今日の出来事】 | |
2004-12-09.jpg

出張より帰宅しました。その帰り道、なんと、なんと! ワタクシ、男子に声をかけられてしまったのでございます。ひゃっほー! 

こほん。ワタクシとしたことが思わず我を忘れてしまいました。

その方シリアからいらっしゃった方で、日本語がペラペラ。アラブ圏の男子らしい掘りの深いハンサムさんです。名刺の肩書きからしてもかなりのエリート。ネットでも調べてしまいました。

その方がですね、「メガネに笑顔があまりに可愛らしいので」(ここ二重線ですよ。テストに出ますよ)思わず声をかけてしまったと、はい。こうおっしゃるわけですよ。私の話し方が「〜なのよ」「〜かしら」系で、今時珍しくて良いとの評価も頂きました。

苦節●年。ナンパをはじめ男子に声をかけられたことのない私(かけられてもたいていキャッチセールス)が、とうとうここまでオンナ道を歩いてきました。やっぱりね。分かる人には分かるのよ。私の良さはグローバルな視点で見ないとだめなのよ。

嬉しくて「幻想画廊」のアドレスまで教えてしまいましたが、見てますかNさん? ああ、でもごめんなさい。私には心に決めた人がいるの。私って罪なオンナね。

……このくらいで浮かれている私のこれまでのオンナ人生って何って感じですが。ちなみにNさん、『ゴールデンラッキー』が一番好きな日本のマンガとのこと。話せるなあ。【麻理】

ゴールデンラッキー―完全版 (上)ゴールデンラッキー―完全版 (上)
榎本 俊二

太田出版 2002-03


今日のサイト


「18 Second Rubix Cube」(リンク切れ)

私はこれをできる方を知っていますが、トリックなどではないです。この妙技をぜひ。

初出:2004年 12月 9日

再掲載:2013年04月16日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。