京極夏彦の『姑獲鳥の夏』映画化 -真があって運の尽き-

百科事典全26巻読破のビブリオマニア・麻理の心の琴線に触れたセンス・オブ・ワンダー(コラム&日記)
表紙 最近の記事 記事の内容別 過去の記事
真があって運の尽き

京極夏彦の『姑獲鳥の夏』映画化

【カテゴリ:映画とゲーム】 | |
2004-11-25.jpg

京極夏彦の『姑獲鳥の夏』が映画化されるんですってね。ご存じ超ベストセラミステリです。

枚数制限のない新人賞がなかった時代に、京極氏がこの作品を講談社に持ち込んだことから、ミステリ作家の登竜門・メフィスト賞ができたことでも有名。「こんなすごい新人が埋もれているのはもったいない」ってことでわざわざ賞ができたわけですね。

で、映画。監督が実相寺昭雄なら期待できそうですが、キャストについてはファンの間でも賛否両論。

京極堂が堤真一ってのはどうなんでしょ。やっぱりみんな京極夏彦本人を希望してるんじゃないのかなあ。「ミヤサコですっ!」の宮迫博之による木場も、かなりイメージのずれが……。でも榎木津が阿部寛なのは大賛成。ギリシャ人のような彫りの深い顔だちに高身長、「トリック」の上田次郎教授そのまんまの演技がはまりそうです。

ところで『姑獲鳥の夏』が出たばかりの10年も前のこと、渋谷の本屋さんの前で京極夏彦氏とすれ違ったことがあるんですよ。まだ一般には知られてなかったのですが、一作目でファンになってしまった私は「わあっ。京極夏彦だっ!」と心臓バクバクしました。

でも両手に何十冊と本が入った紙袋を提げていらしたし、気が弱かったのでサインを頼めませんでした。

バカバカ、私のバカ。一生の不覚。氏は京極堂そっくりのしかめ面で、手には指なしの手袋をはめておられました。ホレたぜ!【麻理】

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
京極 夏彦 笠井 潔

講談社 1998-09-14


今日のサイト


「The Story of the Donner Party」(リンク切れ)

アメリカの開拓時代に起こったドナー隊の食人事件のスノーグローブ。マニアック。でも欲しいです。

初出:2004年 11月 25日

再掲載:2013年04月06日

スポンサードリンク
過去の記事をランダム表示
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関係あるかもしれない本
ツイッターなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。